counter カウンター

一戸建てリフォーム 名古屋のマニカホーム


一戸建てリフォーム 名古屋・総合リフォーム 名古屋のマニカホーム
一戸建てリフォーム・総合リフォームのマニカホーム | 施工事例も多数掲載中


一戸建てリフォームの新着情報をご覧いただけます
一戸建てリフォームの新着情報をご覧いただけます
新着情報をお届けします

一戸建てリフォームの施工事例をご覧いただけます
一戸建てリフォームの施工事例をご覧いただけます
施工事例をお楽しみください

お客様から頂いた一戸建てリフォームのアンケートをご覧いただけます
お客様から頂いた一戸建てリフォームのアンケートをご覧いただけます
お客様から頂いたアンケート

会社概要をご覧いただけます
会社概要をご覧いただけます
マニカホームってどんな会社!?

お得な一戸建てリフォームのチラシをご覧いただけます
お得な一戸建てリフォームのチラシをご覧いただけます
お得なリフォームちらし♪

一戸建てリフォームのお問い合わせはこちら
一戸建てリフォームのお問い合わせはこちら
お問い合わせフォームはこちら

キッチンリフォーム 名古屋

一戸建てリフォーム | 一戸建てリフォームの基礎知識①

工法によりリフォームの自由度は変わる

一戸建てリフォームの基礎知識をご紹介
一戸建ては、木造軸組み・ツーバイフォー・プレハブ・鉄骨造り・RC造りなど、さまざまな工法があります。そのうち、木の柱や梁(はり)で構造を支えている木造軸組は、プランを自由に変更しやすく、増築も簡単です。
しかし、ツーバイフォーや一部のプレハブなど、壁で支える構造のものは、取り外せない壁があるのでプランが制約されます。

建築基準法に基づいたプランを

リフォームも新築同様、建ぺい率や容積率、高さ制限などの建築基準法に基づいてプランする必要があります。事前に新築時の確認申請図書を調べるようにしましょう。また、地域によっては建築協定を定めて、使用できる外装材の素材やカラーなどを取り決めているので、それに沿ってリフォームする必要があります。

増築する場合の注意ポイント

増築をともなうリフォームは、建築基準法や地方自治体の条例に基づき、建築確認申請が必要です。増築にあたっては、まず現在自分が住んでいるところの地域指定や建ぺい率などの規制を、市区町村の建築担当課に行って調べます。ただし一般的には、こうした法的チェックはリフォーム会社など依頼先が行ってくれます。

リフォームこそ耐震補強のチャンス

内部構造の状況が分かるほどの、大がかりなリフォームを計画しているならば、ぜひ耐震補強を。理想的なのは、住まいのプロによる「耐震診断」で、住まいの弱点や補強が必要な箇所を調べてもらい、その結果に基づいて強化すること。基礎が弱い場合は、鉄筋を入れたコンクリートを流し込んで基礎を厚く固めたり、新しい通し柱を立ち上げ軸組の補強を行ったり、たすき状に筋交いを入れたり、窓の回りに柱を入れて補強します。

建て替えた方がいい場合も

リフォームより建て替えたほうがいいケースはいくつかあります。まず築年数がたち、老朽化が著しい場合。土台が腐っていたりシロアリに食い荒らされているなど、基礎の傷みがひどい場合。地盤が悪くて建物が不同沈下をおこして傾いている場合など、いずれもリフォームできなくはありませんが、建て替え同様に費用も時間もかかります。

一戸建てリフォーム | 一戸建てリフォームの基礎知識②

一戸建てリフォームか建て替え、どちらか迷ったら・・・

一戸建てリフォームと建て替えを比較しましょう
リフォームと建て替えどちらがいいんだろう!?
戸建て住宅の場合のリフォームで気をつけるのは、法規制と建物の構造です。思い描いているリフォームを実現する為に知っておきたい、一戸建てリフォームを行う際の注意点とポイントをご紹介します。


一戸建てリフォームのメリット!!

〇建築基準法の建ぺい率・容積率の規制が建築当時より厳しくなっていた場合、今よりも小さい家屋になることがあります。リフォームなら、広さはそのままで内部を一新できます。
〇リフォームなら、予算の範囲内で、キッチンのみ、寝室のみなど段階的に施工が可能です。工期も短期間ですみ、引越しや仮住まいのわずらわしさもありません。
(注)ケースにより仮住まいが必要になる場合があります。
〇思い出深い住まいが残せます。

こんな場合は、建て替えがオススメ!!

〇地盤が悪く、家屋が傾いている場合。
〇土台や柱がシロアリに侵食されている場合。
〇地震に弱い束基礎(昭和40年代以前の建物に多い)の場合。
〇全面改修で、リフォーム工事費が新築よりも高額になる場合。
(ただし、建て替えの場合は、工事費プラス解体費、2度の引越費用、仮住まい費がかかる点に注意が必要です)

一戸建てリフォーム | 一戸建てリフォームの基礎知識③

一戸建てリフォームの箇所ごとの注意点をご紹介

一戸建てリフォームの注意点をご紹介
リフォームを行うにあたって、必ず関わってくるのは、法規制と建物の構造です。これらをクリアしなければ思い描いた理想的なリフォームはできません。ここでは、リフォーム箇所ごとの注意点とポイントを一部ご紹介いたします。
マニカホームには、経験豊富なアドバイザーが多数在籍しておりますので、一戸建てリフォーム、総合リフォームをお考えの方は、お気軽にお問い合わせください。

増築

定められた建ぺい率、容積率、高さ制限などをクリアすれば可能ですが、建築確認が必要な場合があるので、注意が必要です。

屋根・外壁の変更

屋根・外壁の変更は可能ですが、防火・準防火地域内の建物は耐火構造にしなければならない場合があります。又、建物が風致地区内に建っている場合は、色彩などの基準が定められているので、確認が必要です。

吹き抜け・トップライト

吹き抜けやトップライトは、屋根や建物の強度に支障がない範囲でつくることができます。建物の構造によっては、できない場合もあります。

屋根裏収納

屋根裏収納は、天井高1.4m以下で広さが2階の床面積の2分の1以下であればつくることができます。

エクステリアの変更

エクステリアの変更は可能ですが、建築協定区域内に建つ建物の場合は、その定められた基準に沿ったリフォームをしなければいけません。

玄関ドアの交換

防火・準防火地域内の建物で、延焼のおそれのある部分のドアは防火戸にしなければならないので、注意が必要です。

窓の交換・新設

耐力壁の場合は、窓を大きくしたり、新しく窓を設けることは難しいですが、それ以外の壁であれば可能です。ただし、防火・準防火地域内の建物の場合、延焼のおそれのある部分は、網入りガラスにする必要があります。

水廻りのリフォーム

戸建て住宅の場合は、給排水管の移動も容易に行える為、比較的自由な水廻りのリフォームが可能です。どんな機器を選ぶかでかなり費用に差がでるので、デザインや機能をよく検討して計画しましょう。

間取り変更・内装リフォーム

火気を使用する部屋の内装は、定められた不燃材を使用する必要があります。又、内装材は、シックハウスに配慮した建材を選ばれることをおすすめします。戸建てリフォームでの間取り変更は、構造に問題のない範囲で行うことが大切です。

一戸建てリフォームのお問い合わせはこちら

一戸建てリフォームの新着情報をご覧いただけます
一戸建てリフォームの施工事例をご覧いただけます
お客様から頂いた一戸建てリフォームのアンケートをご覧いただけます
会社概要をご覧いただけます
お得な一戸建てリフォームのチラシをご覧いただけます
一戸建てリフォームのお問い合わせはこちら

名古屋 リフォーム 名古屋増改築マニカホームの公式ホームページ

激安 家具通販のマニカグ

マニカホームのWEB採用サイトをご覧いただけます

マニカホームは3店舗展開中
マニカホーム名古屋徳重ショールームをご紹介
マニカホーム名古屋新瑞橋ショールームをご紹介
マニカホーム尾張・瀬戸ショールームをご紹介

マニカホーム公式FACEBOOKページをご覧いただけます

マニカホーム公式twitterページをご覧いただけます

リフォーム・アイ

不動産・アイ

賃貸・アイ

リフォームTOWN

リフォーム会社・工務店検索

リフォーム会社ナビ

情報発信サイト Zoozle.JP